求人媒体を利用した人材確保の方法とは

労働人口の減少に伴い、優秀な人材は確保が難しくなっており、各企業の人事担当者からは「求人募集しても応募者すらいない」という声も聞かれています。こういった場合に考えられるのが、求人の募集方法や掲載する求人媒体を誤っているということです。

従来通り、ハローワークや新聞折り込みだけに頼っていると、競合他社に良い人材を持って行かれてしまう事態にもなりかねませんから、まずは自社の採用管理の在り方について確認することが必要です。

幅広い分野の求人媒体の情報が欲しい方必見です

さて、一口に求人媒体といっても、多種多様であり、前途のハローワークや新聞折り込みのほか、求人情報誌やインターネットにおける求人・転職サイトもあります。



最近の傾向としては、webサイトの利用が増加しており、「看護師」「介護」「弁護士」といったように職種に特化しているのが特徴です。
こうしたサイトの多くは、会員登録をすることで未公開求人の情報が得られることもありますから、意欲的な求職者が集まりやすいとされています。


一方、ハローワークや紙媒体と呼ばれる。
新聞折り込み、求人情報誌については、無料でコンビニや駅などに置かれているものもあることから、不特定多数の人々の目に触れるものの、求職者の属性が幅広いことから、どちらかと言えば、アルバイトや期間雇用社員の募集に向いています。



したがって、企業の人事担当者は、こうした、求人媒体の特徴を吟味したうえで、自社が求めている人材が、どういった求人媒体をチェックしているのかを考慮した上でアプローチすることで、効率的に企業が求める人材を集めやすくなります。